MONTH

2018年5月

  • 2018年5月6日
  • 2019年6月14日

『三月は深き紅の淵を』を読めば一冊は読みたい本が見つかるっ!

三月は深き紅の淵をという小説。手にとって最初に思ったのは、出版順で読んでいる恩田陸の小説のタイトルの付け方の中で一番アクロバティックだな、と。文字でタイトルをじっと見つめ、目を閉じて口に出して言ってみる。するとどうにも「サンガツハフカキクレナイノフ…