TAG

早川書房

  • 2020年6月27日
  • 2020年7月2日

『虎よ、虎よ!』を読んで、レビューしようと思えた本だった

虎よ、虎よ!という本を購入したのは、もう10数年前の事。アニメにがっつりハマっていた僕は涼宮ハルヒの憂鬱の中に出てくるキャラクター、長門有希が選んだ100冊という中に入っていたので、アルフレッド・ベスターの『虎よ、虎よ!』という本を購入したのですが…

  • 2012年7月24日
  • 2020年3月11日

『そして誰もいなくなった』ネタバレしても面白いトリック?

そして誰もいなくなったを最初に読んだのはもうだいぶ昔の事。犯人も知っているし、トリックも知っている。それなのに何故だろう。もう一度読み始めたら、ページめくりが止まらない。この本はこんなにも面白く、人に勧めたくなる本なのだという事を初めて知りました。…